Mr.Childrenや奥田民生さんなど大好きな音楽のことや、その他いろいろ気の向くままに・・・  ありぞうのブログです


by primal_33
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

LuckyRaccoonNight vol.1@Zepp Tokyo 第一部

行ってきましたっ、今年何回目かのZepp Tokyo
目的は森田恭子さんの作ってる雑誌、「LuckyRaccoon」のイベント『LuckyRaccoonNight vol.1』

出演者はトータス松本率いる「ラプソディーズ」、ジェット機、plane、KAN+桜井和寿で「パイロットとスチュワーデス」、そして司会に2丁拳銃。

このメンバーを見る限り、どんなライヴが繰り広げられるのか全く見当もつかず(笑)、しかし漠然となんか楽しそう〜という思いで会場へ。

整理番号が1500番台とかなり悪かったので、後ろでマッタリ見ようとゆっくり中へ。
中ではオープニングアクトの菅原龍平さん(Milco)が演奏中。なかなかいい感じ。
最初前行けるかな??と様子を見に行ってみたけど、みんな前に殺到してるらしく始まったら見えなそう。ということで、すごすごと後ろへ。後ろはスカスカだよ(笑)
Zepp Tokyoは真ん中後方に段差があるんだけど、その段の上がポッカリ空いてる!!
おー、ラッキー☆ステージがバッチリ見えるぞ。
ということで、なかなかの好位置をゲット。わ〜い
う〜ん、見渡すとやっぱりミスチルファンが多いのかなぁ。この前のピロウズとのツアーのTシャツ着ている人多数。
ラプソディーズにはJENもいるしね。

さぁ、開演時間だぞ〜〜



初めに登場したのは2丁拳銃の2人。今夜の司会。
「財布を拾った時の天使と悪魔の闘い」のネタ(なんじゃそりゃ 笑)を披露してトップバッター、planeを紹介。

初めて聴いたんだけど、すんごい勢いだった(笑)
若いなぁ〜という感じ。
彼ら的には「楽屋はかなり緊張する」らしい。そりゃそうだよね、彼らにしてみたら大先輩ばっかりだもんねぇ・・・


そして次に登場したのはジェット機
ジェット機も初めて観た(今回はみんな初めてかも^^;)けど、ある意味若いわ、宮田ジェット(笑)
もう、動く動く。最後には客の上を歩いてたよ。
曲芸だ、曲芸(笑)なぜか「風の谷のナウシカ」の最後の場面が頭に浮かんだわ。金色の野に降り立ったところ・・・ってわかった人はかなりマニアック?(笑)
というわけで、曲名はわからなかったけど(スイマセン)楽しかったなぁ、ジェット機。
川西ジェットのドラムもサイコーだったぜ イエイ


そして再び2丁拳銃の登場。
なんとここでシークレットゲストが登場するという。
彼ら曰く、「多分皆さん曲もわからない若僧ですので、どうか親戚を見るような気持ちで、甥っ子姪っ子を見るような温かい気持ちで見てあげて下さい。では、どーぞ」

若僧!?誰よダレ?

そして現れた2人組。
私の肉眼では一瞬誰だかわからず、でも前の方からは悲鳴が・・・
よ〜く目を凝らしてみると・・・

な、なんとゆずじゃんっ!!
ひゃあ〜、久々の生ゆずだよ。お久しぶり〜(笑)
北川:「どーも。横浜から来ましたゆずです。今日は森田さんから気楽にやってと言われております」
岩沢:「どうか、親戚を見るような目で見て下さい」

*セットリスト*
「サヨナラバス」
「ダスティンホフマン」
「ぼんやり光の城」
「いつか」
「夏色」
「心の音」

いいっ、いいセットだ〜(笑)
最近の彼らは大きくなりすぎて、やたら広い会場でバンド引き連れてやることが多くなってるけど、やっぱりゆずは弾き語りがいいなぁ。
「いつか」はちょっとアレンジ変えててそれがまた良かったし、私的には最後の「心の音」。この曲が聴けるとは!!ちょっとウルッと来そうだったわ。
「夏色」はね、やっぱりかなりの盛り上がり。

はぁ〜、楽しかった。
また行ってみるかな、ゆずのライヴ。
あ、でもなかなか取れないんだった^^;

終わってはけるとき岩沢くんが
「次はお待ちかねの登場でーす」って言ってた。
そう、いよいよですよ、いよいよあの人たちの登場!!


長くなったので第二部へつづく
[PR]
by primal_33 | 2006-11-19 10:17 | その他音楽関係