Mr.Childrenや奥田民生さんなど大好きな音楽のことや、その他いろいろ気の向くままに・・・  ありぞうのブログです


by primal_33
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

10/16 TOUR 2007 Good Fellas@Shibuya O-WEST

16日、スパゴーのツアーファイナルに行って来ました。

相変わらず開演ギリギリの到着だったけど、それなりに前へ(笑)
先週のサミットの時と同じオープニング。
今回のオープニング、かっこいい。
照明が音楽に乗せていろんな方向に向いて・・・言葉ではうまく表現できないけれども^^;

さて、ファイナルの始まり〜



今回はファイナルとは言え、サミットとあまりに日にちが近かったので正直セットリストはかなりかぶるんだろうなぁ、と思ってた。
しかーし!!結構変わってて嬉しい誤算。
おかげで体調が万全ではなかったけど、すっかり忘れて大騒ぎしてしまった ハハハ

前半のセットリスト

「BUDDY」
「ダイヤモンド・リル」
「Junkfood Junkie」
「ハートのショップ」
「Sandy's Sunday」
「She See Sea」
「サンライズBaby」


初っぱなが「BUDDY」とはっ!!
「そう来たかっ」て感じ。静かにかっこいい。いいぞーー

そして、3曲目のジャンクフードではハプニングが。
途中、間奏に入る手前、急にギターの音が消えた。
あれっ??お兄さん弾いてるのに音が出てないよ??
そして間奏に突入。本来ならギターの出番だけど、そこは百戦錬磨のスパゴー。
ヤックがワウを効かせてベースをかき鳴らす。その間にローディーさん達は機材の確認。

いやぁ〜、ハプニングとはいえヤックのベースかっこよかったなぁ
チラチラとお兄さんの方を見ながらつなぐ。
どうやらお兄さんの準備も完了して、珍しくヤックソロの途中で「イエーイ」と客を煽った。
そしていつものようにギターソロ・・・

終わったあと、「いやぁ、オレのワウ、良かったなぁ〜」とヤック。
うんうん、かなりカッコ良かった。
そして、「お兄さんの“イエーイ”もなかなか聞けないよ?(笑)」と。

しかし、Good Fellasの曲は3人だけでやるとかなり感じが違うもんだね。
特に真心・桜井さんの「サンライズBaby」はこの前サミットで聞いた時はかなりポップな感じだったけど、スパゴーの3人でやるとロックに変身。面白いもんだ。


前半が終了して、ここでイスが並べられた。
お兄さんはアコギを持ってる。何だかこの光景、前にも見たような・・

ヤック「こんばんわ。渋谷・円山町愛人ジャズクラブです」

あ、やっぱり^^;

ヤック「以前にもSPARKS GOGOさんのステージに出させて頂いたことがあるんですが、非常に好評で・・・僕の中で非常に好評で(笑)また出させて頂きました」

ーお兄さん、チューニング中ー

ヤック「ん?なんで最後だけハーモニクスなの?(笑)」
あつや「このチューナー、感度が悪いんだよ」
ヤック「歳取ると感度が悪くなるよね」
(2人してうん、と頷く)
なんのこっちゃ(笑)

ヤック「えー、今日はローディーのウラくんの誕生日です。というわけで・・・」

と、♪ハッピーバースデートゥーユー♪を演奏。
何だか暗い音でちょっと笑えたぞ。やってる方も笑ってたぞ。

「ちょっと出て来てよ」とヤックに促され、本人がステージの真ん中へ。
軽く挨拶し、しっかりカメラにVサインをして帰って行きました(笑)

ヤック「えー、それでは新曲を。と言っても東京でやったことあるんですけど、今日は愛人ジャズクラブバージョンで。よく”スパゴーは雨の曲が多い!”とか”日曜日もよく出て来るよね”とか言われるので・・・『雨降り日曜日』

そして個人的にすんごい良かったのが次の曲。
元々この曲のベースがカッコ良くて好きで。で、愛人ジャズクラブのアコースティックな感じでもやっぱりものすごくカッコ良くて、ついつい聴き入ってしまった。「無口なあの娘」

続いてしっとり聴かせてくれた「夕凪」
これにて愛人ジャズクラブ終了。


「再びSPARKS GOGOです」いうヤックの言葉とともに後半突入〜

後半のセットリスト

「僕は君のもの」
「渋谷の若者」
「Sunday People」
「SAD JUNGLE」
「るーせー隣人」
「宇宙に咲こう」
「ルーシーはムーンフェイス」


「渋谷ということで・・・」との安易なフリで始まったのは「渋谷の若者」
このフリってことは他の会場ではやってないのかな?(笑)
そしてココから先は泣く子も黙る(?)的なすごいラインナップ。
そりゃ少々体調悪くたって、弾けないわけないよね?ね??(誰に?笑)

久々に聴いた、スパゴーのみの「ルーシー」
やっぱりこれからは八熊さんのヴォーカルでお願いします(笑)


アンコール。
「まだやってない曲がある」と言って始まったのは「クモの糸」
ANCHANGのこの曲はやっぱり盛り上がるーーっ
でもサビのコーラスはやっぱりスパゴーの兄ちゃんには辛いらしく、省いてたね。
やっぱりANCHANGのあの声は必須だね、この曲には。

そして「ざまーない!」「鉛の朝」と続けて大盛り上がり。
しかもダブルアンコールは「「オレンジの夜」だった。

いやぁ〜、なんてステキなセットリスト。
心の底から楽しませていただきました。
ただ、12、16日と続けてスパゴーを見てしまったために、この先、次のライヴまでどのくらい待てばいいのか・・・

このツアーを終えて、お兄さんは南仏へ、テッチは南米へ行くって(笑)
ま、どこまでホントかわからないけど。
ヤックは東京のマンションで1人で次作の準備だとか(ヤック曰く)

スパゴーのライヴは不思議なもので終わるとすぐ次が見たくなる。
ちょっとした中毒か??(笑)
次はいつかな。楽しみに待ってよーっと
[PR]
by primal_33 | 2007-10-20 22:14 | SPARKS GOGO 関係